戦略実行4STEP

your strategy, your life

ー戦略をたてて、それを実行する人を増やすー

戦略実行4STEP

published 2019.01.19 / update 2019.02.05

戦略検証段階における失敗とは? | 「戦略実行4STEP」P(戦略検証)段階

戦略検証段階における失敗とは?

とうとう最終段階です。戦略を実施した結果をうけて、はたしてその戦略が妥当なものであるかを確認します。

戦略を本気で実行するための独自ワークフレーム「戦略実行4STEP」を説明いたします。
順番にご覧になりたい方はこちら(↓)から。

戦略実行4STEP | 戦略を本気で実行するための独自フレームワーク

P段階での失敗

一般に、企業の売上は、市場や競合などの外部環境や、自社の状況、運不運などさまざまな要素に左右されますので、戦略の成果と売上を厳密に結びつけることは困難でしょう。しかし、何も検証しなければ、戦略を評価できませんし、次にどのような戦略を打てばよいのか、再び0から考えることになります。また、「本当に戦略は実行する意味があるのか?」といった議論も出てきかねません。

そこで、この段階では、戦略指標値と売上の関係をできるだけ定量的、論理的に捉え、戦略の妥当性を検証する方法をご紹介いたします。

ステップ社のケース(対策前)

ステップ社では、各段階をクリアし、策定した戦略を具体的な行動として実施してきましたが、社長や社員はあまり納得していないようです。

 佐々木社長

佐々木社長

みんながんばってくれて戦略は実施したんだけど、売上は特に変化がない。この戦略は失敗だったのではないか。

 営業部<br />長友さん

営業部
長友さん

現場がいくらがんばっても、成果が出るのは何年か先なんだよね。その時、自分はもうこの会社にいないかもしれないし。ここだけの話だけど。

P段階における主な失敗

戦略の検証ができていない

戦略の検証は、戦略実行4STEPの中でもっとも難しい作業かもしれません。その理由として、戦略の実施と、成果(売上など)の発現の間にはタイムラグ(時間差)があることがあげられます。そのため、戦略実施の効果を的確に把握することができず、戦略が成功だったのか失敗だったのかを判断しかねるということになりがちで、こうなってしまうと、そもそも戦略なんてあってもなくても同じではないかといった意見が出てきてしまいます。

次回予告

次回、対策について検証していきましょう。

【対策】戦略の妥当性を検証する | 「戦略実行4STEP」P(戦略検証)段階