戦略実行4STEP | 戦略を本気で実行するための独自フレームワーク

your strategy, your life

ー戦略をたてて、それを実行する人を増やすー

戦略実行4STEP | 戦略を本気で実行するための独自フレームワーク

弊社では、「戦略実行4STEP」という独自の手法・フレームワークを用い、 戦略が実行されない原因となるボトルネックを取り除くことによって、戦略の策定から実行まで一貫してお手伝いいたします。

 ユアスト 江村さん

ユアスト 江村さん

すぐに使える「戦略実行4STEP」の内容を具体例とともにご紹介しております。順番に御覧ください。

また、当サイトでは様々な「戦略」に関するコンテンツをご用意しておりますので、よろしければこちらもぜひ御覧ください。

ユアスト戦略ノート

経営小説「わたしの道の歩きかた」

コラム

お悩みQ&A

【はじめに】戦略実行4STEPとは?

「戦略」の定義と重要性 | 戦略を本気で実行するための独自フレームワーク「戦略実行4STEP」とは?

なぜ戦略は実行されないか | 戦略を本気で実行するための独自フレームワーク「戦略実行4STEP」とは?

ケーススタディ | 戦略を本気で実行するための独自フレームワーク「戦略実行4STEP」とは?

【STEP1】S(戦略策定)段階

  • S段階での主な失敗は、「一貫性のある戦略が策定できていないこと」と「戦略が日常業務と結びつかないこと」
  • 「自社ならではのリソース」と一貫性のある「差別化」の方法をとることが必要
  • 戦略と日常業務を結びつけるためには、各部門が共通で使える戦略指標を設定することが有効
  • 戦略指標の基本パターンとして「価値基準をクリアしていただいたお客さまの数」を使うと、各部門それぞれの立場からこの指標値を改善することが可能
  • 価値基準の基本パターンは、「お客さまの価値享受状況」、「全数アンケート」、「サンプリングアンケート」の3通り(業種のタイプによる)

戦略策定段階における失敗とは? | 「戦略実行4STEP」S(戦略策定)段階

【対策1】定義に従い一貫性のある戦略を策定する | 「戦略実行4STEP」S(戦略策定)段階

【対策2】全社横断的に適用できる戦略指標を1つ設定する | 「戦略実行4STEP」S(戦略策定)段階

【対策まとめ】ステップ社の対策 | 「戦略実行4STEP」S(戦略策定)段階

【STEP2】T(戦略伝達)段階

  • T段階での主な失敗は、「従業員に戦略が十分に伝わっていないこと」
  • 戦略の策定者(経営陣)と実施者(従業員)が異なるため、あらゆる手段を用いて戦略をしっかりと伝達することが重要
  • 戦略の伝達は、研修として実施し、受講者の理解度を確認しながら進めることが必要
  • 研修の効果は、カークパトリックの第2段階までに限定することが現実的

戦略伝達段階における失敗とは? | 「戦略実行4STEP」T(戦略伝達)段階

【対策】戦略を伝え、現場と共有することを軸とした研修を行おう | 「戦略実行4STEP」T(戦略伝達)段階

【対策まとめ】ステップ社の対策 | 「戦略実行4STEP」T(戦略伝達)段階

【STEP3】E(戦略実施)段階

  • E段階での主な失敗は、「戦略と評価制度が連動していないこと」と「戦略指標値が可視化されていないこと」
  • 「戦略行動をとり戦略指標値を改善させたことを評価する」評価体系が必要
  • 各部門の評価:「全社戦略指標」&「部門別条件クリア状況」による評価が有効
  • 戦略指標の値をリアルタイム(日単位)でモニタリングするシステムを用意することが重要
  • 日報を使い戦略指標を追求すべくマネジメントを行うと、戦略の実施が加速する

戦略実施段階における失敗とは? | 「戦略実行4STEP」E(戦略実施)段階

【対策1】戦略と評価制度を連動させる | 「戦略実行4STEP」E(戦略実施)段階

【対策2】指標値がリアルタイムで確認できるモニタリングシステムを開発する | 「戦略実行4STEP」E(戦略実施)段階

【対策3】日報を使い戦略指標を追求すべくマネジメントを行う | 「戦略実行4STEP」E(戦略実施)段階

【対策まとめ】ステップ社の対策 | 「戦略実行4STEP」E(戦略実施)段階

【STEP4】P(戦略検証)段階

  • P段階での主な失敗は、「戦略の検証ができていないこと」
  • 売上 = 客数 × 客単価 =( 新規顧客数 + リピート顧客数 ) × 客単価
  • 戦略指標として設定している「価値を享受して満足していただいたお客さま数」と、リピート受注との関係を把握することが効果的
  • 商品に応じて対象期間を設定し、その期間内の購入をリピート受注と考えると、集計しやすい
  • 戦略の成果が発現するまでには時間差が存在するので、過去を振り返ることも重要

戦略検証段階における失敗とは? | 「戦略実行4STEP」P(戦略検証)段階

【対策】戦略の妥当性を検証する | 「戦略実行4STEP」P(戦略検証)段階

【対策まとめ】ステップ社の対策 | 「戦略実行4STEP」P(戦略検証)段階